So-net無料ブログ作成

北朝鮮 ミサイル 威力 2013 [話題]

スポンサーリンク




昨日北朝鮮が、日本海に向けて
短距離ミサイルを発射したとのことです。
2013年現在のミサイルの威力とは・・・。

昨日発射したミサイルは、韓国軍当局によると、
短距離弾道ミサイルの「KN02」(射程約百二十キロ)の改良型か、
新型の地対艦ミサイルと推定しているそうです。

飯島内閣参与が訪朝から帰国された時を見計らって、
ミサイルを発射するとは、北朝鮮もしたたかですね。

一方で、短距離ミサイルを発射したことで、今回の
ミサイルの方向が、日本・韓国の方向に向けて
発射していないかつ、アメリカが射程に
入っていないことから、アメリカとの対話
余地を残しているという見方もあるようです。


北朝鮮の国力が弱っているので、対話のオプションを
残しているんでしょうね。


ところで、北朝鮮のミサイルの威力ですが、
皆さんおなじみのテポドンは、
テポドン1号は、射程は、1,500km〜2,500kmで、
テポドン2号は、射程は、4,000km〜6,700kmで、
テポドン2Bは、射程は、8,000km以上だそうです。
弾道重量は1トンとのこと。


ノドンは、射程1,300kmだそうです。
ムスダンは射程2,500km〜5,000kmだそうです。
日本が射程に入るのは、このミサイルとのこと。


この問題は、これらのミサイルに核弾頭が搭載が
可能になることが大問題なのです。

現在、日本は、ミサイル迎撃システムがありますが、
核シェルターなどの施設は不足していると私は
思います。


北朝鮮がミサイルを発射という挑発をしなかれば
いいと思うんですが・・・・。
北朝鮮も生活がかかっているので、
それは、できないとうのが
現状なんでしょうね。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。